NFT

【画像で解説】OpenSeaでPolygon(ポリゴン)作品を購入する方法

2022年4月25日

OpenSeaでイーサリアムをポリゴンに交換する方法
  • OpenSea(オープンシー)でポリゴン作品を買いたい
  • イーサリアムしか持ってないけどどうやって交換するの?

こんな悩みを解決します。

✓この記事の作者

NFT-Know運営者:セグ(Segu)のプロフィール

OpenSeaの初期登録はお済でしょうか?
まだの方はこちらから>>【3ステップ】OpenSeaの始め方&登録方法【すべて画像で解説】登録してみてください。

OpenSeaでは基本イーサリアムで取引を行いますが、Polygon(ポリゴン)というブロックチェーンでも取引を行うことができます。

下記のように色違いのイーサリアムを見るかと思います。

  • 黒:固定価格での取引
  • 紫:ポリゴン(Polygon)での取引
  • ピンク:オファーやオークションでの取引

この記事では紫色=ポリゴン作品を購入する方法を解説していきます。

最も簡単なOpenSea内でイーサリアムをポリゴンへBridge(ブリッジ)する方法をご紹介します。

手数料を極限まで抑えたい方は、ざっくり下記のような手順となります。

  • 国内取引所で暗号資産入手
  • ↓送金
  • 海外取引所(Bybitなど)でMaticを購入
  • ↓メタマスクへ送金
  • MaticをETH(Polygon)に交換

上記の流れの意味がわからない方は、今回紹介する方法がおすすめです。

手間と時間がかからず簡単にできますよ!

✓大前提として、NFTの売買には仮想通貨(イーサリアム)が必要となります。

まだ口座開設が済んでいない方は、コインチェックで口座開設をしておきましょう!

>>コインチェック公式サイトはこちら

サクッと5分ほどでできますよ。

>>【5分で完了】コインチェック口座開設方法を5ステップで解説【画像25枚】

コインチェック

この記事でわかること

  • イーサリアムからポリゴンにBridge(ブリッジ)する方法
  • OpenSeaでポリゴン作品を購入する方法

それではいきましょう。

OpenSeaでPolygon(ポリゴン)作品を購入する方法

OpenSeaでPolygon(ポリゴン)作品を購入する手順は下記のとおりです。

  • 手順①:イーサリアムをポリゴンへ交換(Bridge)する
  • 手順②:ポリゴン作品を選んで購入する

2ステップで簡単にポリゴン作品を購入することができます。

1つずつサクッと説明していきますね。

手順①:イーサリアムをポリゴンへ交換(Bridge)する

まずはお手持ちのイーサリアムをポリゴンへ交換(Bridge)していきます。

まだイーサリアムを購入されていない方は【3ステップ】コインチェックでイーサリアムを購入する方法【送金方法も伝授】の記事をご覧ください。

下記よりOpenSea公式サイトにアクセスします。

>>OpenSea公式サイト https://opensea.io/

トップページ右上のウォレットマークをクリック

続いてETH(Ethereum)の右のチョボをクリックします。

すると3つ選べる項目が出るので、「Bridge to Polygon」をクリックしてください。

下記のような画面になるので、①「TO」のところで「Polygon」を選択→②ETH(イーサリアム)で必要な数量を入力→③「Convert tokens」をクリック。

Bridgeする際のガス代(手数料)を確認し、問題が無ければ「確認」をクリックします。

これでイーサリアムからポリゴンへの交換が完了しました。

View Wallet」をクリックして、あなたのウォレットを確認してみましょう。

下記のようにPolygonに交換されていればOKです。

私の場合は10分ほどでウォレットに反映されました。
※混雑状況によってはガス代・反映時間がことなってきます。

関連記事

【参考】イーサリアムが不足している場合は下記のような表示となります。
イーサリアムを追加するか、交換する数量を減らすかをしてください。

手順②:ポリゴン作品を選んで購入する

試しにポリゴン作品に絞って検索してみましょう。

OpenSeaでの購入方法はこちらの記事【実例あり】OpenSeaでNFTを購入する方法【画像で説明】で詳しく解説しております。

ポリゴン作品に絞って検索することが可能です。

トップページ左下の「Chains」を選択し「Porygon」をクリック。

好きな作品を探したら、実際に購入してみましょう。

今回は私が「Teru-chan」を実際に購入した方法をお伝えしていきます。

価格を確認して「Buy now」をクリックします。

内容を確認し問題が無ければ下のチェックボックスをクリック。

もう一度作品・価格を確認してから「Confirm checkout」をクリックします。

下記の画面になるので「Unlock」をクリックします。

メタマスクにて署名の要求がありますので「署名」をクリック。

続いて「Sign」をクリックします。

もう一度メタマスクで「署名」をクリックしてください。

以上でポリゴン作品の購入が完了となります。

購入後、しばらくすると自分の「collected」に作品が反映されます。

OpenSeaでNFTを購入する時の注意点

NFTアートを購入する時の注意点は以下の3つです。

  • 注意点①:法整備が整っていない
  • 注意点②:ガス代(手数料)が高い&不安定
  • 注意点③:盗作・詐欺商品が出回っている

注意点①:法整備が整っていない

NFTアートが本格的に盛り上がったのは2021年初期頃です。

NFTに資産的価値が認められるとしても、「物」(有体物)ではないので、現行法上NFT自体に所有権は認められない可能性があります。

そのため、NFTを購入したとしても、購入者にどのような権利が認められるのかが明確ではありません。

またNFTに関する税金についても税法上で定めがありません。(22年3月現在)

このようにNFTに関する法規制は未整備の状況であり、今後の法整備に関する議論を注視する必要があります。

注意点②:ガス代(手数料)が高い&不安定

ガス代とはイーサリアムチェーンを使用した際に発生する手数料のことです。

「作品の価格+手数料が必要」で、その手数料が結構高く値段も不安定だ、ということです。

基本的にガス代の価格はイーサリアムチェーンの利用量に比例して高騰します。NFTが爆発的に伸びてきていることを背景に、ガス代も高くなり、価格も不安定となっています。

初心者の方はガス代のかからないポリゴンから始めてもいいかもしれません。

✓ガス代を安く抑える方法は下記記事をご覧ください。

>>【要チェック】OpenSeaでガス代がかかるタイミング【安く抑える方法も解説】

注意点③:盗作・詐欺商品が出回っている

NFTには盗作・詐欺商品が数多く出回っているのが現状です。

データの改ざんが極めて困難なNFTですが、データ自体が偽物という場合も存在します。

購入前には、入念に本物作品かを確認しましょう。すべて自己責任となりますのでご注意ください。

まとめ:さっそくポリゴン作品を購入してみましょう!

ポリゴン作品の購入ではガス代がかかりませんので、初めてNFT作品を購入する人にはおすすめです。

イーサリアム作品に比べても比較的安価な作品が多い印象です。

あなたの気に入った作品をサクッと購入してみてください!

NFTアートは2次流通も可能なので、安く買って高く売れちゃうこともあります。

クリエイターさんにもロイヤリティが入るので安心ですね。

今回は以上になります。

✓NFTをTwitterアイコンに設定する方法を下記の記事でご紹介しております。

>>【簡単3ステップ】NFTをTwitterアイコンに設定する方法

関連記事
  • この記事を書いた人

セグ(Segu)

当サイト「NFT-Know」の運営者/NFTアートに魅了された者/知ることから始め、実践した事を発信していきます/30代副業ブロガー(2サイト運営)/今後の展望▶︎NFTアートコレクション(購入します)▶︎NFTの魅力を広めるためにNFTブログ開設(執筆します)▶︎NFT販売にもチャレンジ(予定)▶︎STEPN導入【クリエイターさんを応援したい】&【NFTを広めたい】

-NFT