NFT

【初心者】5分でできる!メタマスクの作成方法を画像14枚で解説!

2022年4月8日

【初心者必見】メタマスク作成方法
  • メタマスクって何?
  • メタマスクの作成方法を詳しく知りたい
  • 仮想通貨の送金方法がわからない

こんな悩みを解決します。

✓この記事の作者

NFT-Know運営者:セグ(Segu)のプロフィール

メタマスク?イーサリアム?

NFTをは始めるには仮想通貨(OpenSeaではイーサリアム)をメタマスクに送金しなければばりません。

仮想通貨初心者の方には意味がわからないですよね。私もそうでした。(笑)

ざっくり説明すると、WEB上のお金(イーサリアム)をWEB上の財布(メタマスク)に入れてからお買い物をするというイメージです。

すごく難しそうですが、本記事を見ながら進めてもらえれば簡単にできちゃいます!

この記事でわかること

  • メタマスクとは?(メリット・デメリット)
  • メタマスクの作成方法
  • メタマスクへ仮想通貨を送金する方法

それではいきましょう。

メタマスク(MetaMask)とは?

メタマスク(MetaMask)はイーサリアム系の仮想通貨ウォレットです。

イーサリアム?のウォレット??

かんたんに説明すると仮想通貨の取引で使うWEB上の財布のことです。自分の所持している仮想通貨やNFTを管理、送金、受け取りをするために必要となります。

ウォレットには種類がありますが、基本的にはメタマスクをインストールして使用するのをおすすめします。

メタマスクのメリット

メタマスクを使うメリットは以下の4つです。

  • メリット①:誰でも無料で入手できる
  • メリット②:初心者でも使いやすい
  • メリット③:OpenSeaと連携できる
  • メリット④:日本語表示ができる

メタマスクは日本語に対応しているのでスムーズに利用できる上、直観的に操作可能です。

またメタマスクの利用者は多いため、使い方や情報発信は多い傾向です。これは初心者にとっては明確なメリットで、わからないことをすぐに調べられるのはストレスのない利用に繋がりますね。

メタマスクのデメリット

反対にメタマスクのデメリットは以下のとおり。

  • デメリット①:ハッキングリスクがゼロではない
  • デメリット②:対応ブラウザが限られる
  • デメリット③:ビットコインを保有できない

メタマスクの導入を検討している方や最近導入した方はデメリットを知っておくと安心です。

メタマスクを導入できるブラウザはGoogleChromeやFireFoxです。

またハッキングのリスクがゼロではない為、サービスと接続する際には偽サイトに接続しないよう細心の注意が必要です。

メタマスクはイーサリアム系のウォレットなのでビットコインの保有・送金はできません

メタマスク(MetaMask)を作成する手順

メタマスク

前提として、メタマスクを使い始めるには事前に仮想通貨取引所に登録する必要があります。

初心者の方には、国内で安全性も操作性も高いコインチェックがおすすめです。

まだコインチェックで口座開設してない方はサクッと開設してしまいましょう。

>>コインチェック公式サイトはこちら

コインチェック

メタマスクの始め方は以下の3つの手順でおこないます。

  • 手順①:メタマスクをダウンロードする
  • 手順②:メタマスクウォレットを作成する
  • 手順③:シークレットリカバリーフレーズの確認

1つずつみていきましょう。

手順①:メタマスクをダウンロードする

まずはメタマスク公式サイトにアクセスします。

>>MetaMask公式サイト(https://metamask.io/)

※偽サイトにはくれぐれもご注意ください(上記は安全です)

公式サイトにアクセスしたらまずは画面右上の「Download」をクリックします。

メタマスク導入方法①ダウウンロード

続いて「Chrome」を選択→「Install MetaMask for Chrome」をクリック。

メタマスク導入方法②Chromeを選択

Chromeウェブストアのページから「Chromeに追加」をクリックします。

メタマスク導入方法③Chromeに追加

続いて「拡張機能を追加」をクリック。

メタマスク導入方法④拡張機能を追加

これでメタマスクのダウンロードが完了です。

画面右上のジズソーパズルマークをクリックすると、メタマスクを起動できます。
すぐ使えるようにピン留めもしておくと便利です。

手順②:メタマスクウォレットを作成する

手順②としてウォレットを作成していきます。

「開始」をクリックします。

メタマスク導入方法⑤開始を選択

次に「ウォレットを作成」をクリックしてください。

内容を確認し「同意する」をクリック。

パスワードを入力→②利用規約の同意→③「作成」をクリック。
以上でウォレットの作成は完了です。

手順③:シークレットリカバリーフレーズ(シードフレーズ)の確認

3つ目の手順としてシークレットリカバリーフレーズ(シードフレーズ)の確認をしていきます。

ウォレット内の「資産を守るための鍵の役割」のことですね。

ウォレットの保護という画面から「次へ」をクリックします。
映像を見なくても進むことができます。

続いてシードフレーズを確認していきます。

  • 鍵マークをクリック
  • 表示された12個の単語をメモ
  • 「次へ」をクイック

12語の英単語が表示されますが必ず他人に見られないように保管しましょう。もし流出するとウォレットから全ての資金を盗まれます。

紙のメモなどのアナログかつ誰にも見られない場所に保管しておくことを推奨されています。スクショやWeb上のメモだとPCを盗まれたら見られる可能性があるためです。

続いてメモしたシードフレーズを順番通りに入力していきます。

さいごに「すべて完了」をクリックします。

これでメタマスクのウォレット作成とシードフレーズの確認は完了です。

以下のようにメタマスクの使用を開始することができます。

メタマスク(MetaMask)に仮想通貨を送金する方法

メタマスクへの送金方法の流れは以下の5ステップです。

  • コインチェックで口座開設
  • コインチェックで日本円を入金
  • コインチェックでイーサリアムを購入
  • メタマスク(MetaMask)を作成
  • メタマスク(MetaMask)へのイーサリアムの送金

送金方法の具体的な方法は下記の記事で詳しく解説しております。

>>【3ステップ】コインチェックでイーサリアムを購入する方法【送金方法も伝授】

まとめ:メタマスクを作成しNFTをはじめてみよう!

今回は、仮想通貨ウォレットのメタマスク(MetaMask)の作成方法について解説しました。

もしメタマスクを使ってイーサリアムを利用する予定があるなら、「コインチェック」の公式サイトも確認しておきましょう。

コインチェックはイーサリアムの購入・メタマスクへの送金がスムーズに行えるので非常に便利です。

✓NFTを始める5ステップ

  1. ステップ①:仮想通貨の口座開設をする
  2. ステップ②:メタマスクでウォレットを作成する←今回ここを解説
  3. ステップ③:メタマスクに仮想通貨(イーサリアム)を送金する
  4. ステップ④:NFTマーケットプレイス(OpenSea)に登録する
  5. ステップ⑤:NFTアートを購入・販売する

メタマスクにイーサリアムを送金できたら、いよいよOpenSeaに登録をしていきましょう。

次の記事を読む

✓NFTアートの始め方5ステップ

NFTアートの始め方に戻る

✓まだ送金が済んでいない方は下記の記事からどうぞ。

>>【3ステップ】コインチェックでイーサリアムを購入する方法【送金方法も伝授】

✓OpenSeaでのガス代を抑える方法は下記記事へ

>>【要チェック】OpenSeaでガス代がかかるタイミング【安く抑える方法も解説】

  • この記事を書いた人

セグ(Segu)

当サイト「NFT-Know」の運営者/NFTアートに魅了された者/知ることから始め、実践した事を発信していきます/30代副業ブロガー(2サイト運営)/今後の展望▶︎NFTアートコレクション(購入します)▶︎NFTの魅力を広めるためにNFTブログ開設(執筆します)▶︎NFT販売にもチャレンジ(予定)▶︎STEPN導入【クリエイターさんを応援したい】&【NFTを広めたい】

-NFT